元祖ブログ寿司・鎌倉店
実家がお寿司屋さんなもので。グルメ情報は一切ありません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子は親の鏡
2006年10月11日 (水) 02:41 | 編集
ポケットバスNo.1 幼稚園バス そろそろ年末のスケジュールもちらほら話題に出る季節になりましたが、暮れには息子も2歳を迎えます。「本当に早い」としか感想を述べられない程、あっという間だったとしみじみ感じる毎日です。

基本的には何でも呑気な我が家ですが、子育ての日々がこんなにも早く過ぎていくと、近頃は息子の幼稚園や学校の事も気にせざるを得なくなりました。
 
テレビや雑誌でも自然と子供に関するニュースに敏感になりましたが、健康にしろ情緒面にしろ、子供をめぐる環境が悪くなっているとか、最近色々と報道されています。でもこう言う「雰囲気」ってリアルなんでしょうか。あまりに同じような論調が多いので、なんか胡散臭くなってきています。

息子もまだ小さいですから、実際にそう言った環境に入るまで解らないのかも知れませんが、鵜呑みにすれば何もかも信用できなくなるだけだし、酷い点をあげるなら、今の時代だけが特別だとは思わないのですが、比べ様もありません。


また、最近こんな記事と同じようなケースが目につきますが、良く見ると大人(大体親)は、一見子供にたっぷり手をかけているように見えて、他人と無用な関わりを持ちたくない、単にが楽がしたいという裏の姿勢が透けている様に思います。

今はあらゆる面でサービスが行き届き、経済的に余裕さえあればいくらでもそれらを享受できる時代です。実際それで済んでしまう部分もあるでしょう。

しかし、子育て(言い換えれば家族を維持する事)は人任せに出来ない事、誤魔化しがきかないって事に改めて気がつくと、前述の記事など阿呆臭くて、余計なお世話ですが彼らの子供達が気の毒になります。と同時に、油断すれば自分だって、色んな事を言い訳にしていつ家族をないがしろにしてしまうかも知れない、と言う不安をいつも抱えるようになりました。


そもそも以前は「子供は敏感だ」なんて解ったように言っていましたが、実際にはそう言う言い方は間違っているんではないかと思います。

あたり前だと言われればそれまでですが、ただ「子供は敏感だ」という言葉には、少なくともそれまでの僕の場合、暗に「意外と敏感だから侮るな」というニュアンスが含まれており、裏を返せば「子供は大旨自分より鈍感」という前提に立った考えだったという事です。

要するに「子供は敏感」と言ってる時点で子供を甘く見てた訳です。


こうして、ほんのさわりですが子育てを経験してみると、一見無軌道に見える息子の言動には彼なりの立派な筋が通っており、意思疎通が出来ないのは、殆どが親(僕)の真剣さが足りない故である事が解り、そんな時は頬を叩かれた時の様にハッと我に帰ります。

大人同士の付き合いならば普通男だろうが女だろが、外国人だろうが感覚の違いを前提に関わります。相手の考えを知ろうと努力し、尊重します。

相手が子供でも違いはないはずですが、前出の記事の中の、幼稚園の先生ともまともに話し合えない偉そうな親が、子供から正しいメッセージを受取り、また送れているのかどうか甚だ疑問が残ります。


僕も気付けば、子供にばかり目を向けてしまいますが、それ以前に自分は周りの人間に対して誠実に接しているか意識していかなくてはと思いました。

息子もきっと見ていてくれると思うから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう2才なのね早いー。
こんにちは。
 「こんな記事」的なことは、よくある事なんですよ。幼稚園で保護者役員を2年やっていましたから。(^^;
もう、つまらんことで文句を言う親がよくいます。
 登園禁止にしないければいけない病気などはネット調べれば解るのでもっと調べてねーと言いたい事もありましたし、園の方向性が変るということを言われて大騒ぎになった事がありましたよ。2ヶ月ぐらい大変でした。たいした変更じゃなかったのに「何故よ?」という騒ぎになるんですよ。
 入園の時に「園に望む事」という記入欄があって、これに力入っている人もいるそうな、うちはこれといって学校だの幼稚園に望んでないので書くのに困りました。(^^;

幼稚園や学校はこれまでの仕事場にはいないような人にも沢山合うのでかなり楽しいです。把握するのに疲れますけど。(笑)
子供に望む事はちゃんと自力でご飯が食べられる人になってねってことかな。
2006/10/11(水) 17:36 | URL | オムレツ #-[編集]
ご無沙汰してます。
うちもオムレツさんの家と似てる所があるかも知れませんが、職業柄、比較的自由に時間がつくれるだろうと勘違いされ易いので「役員やれよ」的な無言の圧力を他の御父兄からかけられそうで、今からドキドキしております(笑)。

園に対して意見が多いご家庭は、普段接する機会が少ない分、ちょっとした問題に過敏になってしまうんでしょうか。

子供が怪我しようが、喧嘩しようが、虐められようが、程度の小さい子供うちに人生のしょっぱさは経験するべきだと思うんですけどね。

大きな子供になってからでは、面倒くさすぎますから。
2006/11/01(水) 00:42 | URL | ゴロー #3NjRIX66[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by アフィリエイト情報ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。