元祖ブログ寿司・鎌倉店
実家がお寿司屋さんなもので。グルメ情報は一切ありません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【業務連絡】似顔絵バトル結果報告/後編
2006年07月31日 (月) 02:35 | 編集
ぺんてるクレヨン
 エントリーも三度目にして、ようやく結果レポートに辿り着きました...。
前二回に書いた長い思い出話はこちらです。(その1/その2


では以下、去る7/22(土)に開催された「似顔絵バトル」のレポート&独り反省会です(笑)。
 
天気予報では30度以上になると言う事でしたが、当日は朝から曇り。
炎天下でのバトルはキツいと思っていたので助かりました。

午前11時ごろ、代々木公園内NHKホール脇で共同主催ハチュー、同じく学生時代の同期友人ノリ氏、その連れデザイナー・マキタ女史、そして漫画家ぐれいす氏4人と合流。まずは第一陣を張りました。

それでは、時系列に沿って全14組分の作品を振り返ってみましょう。
※本当なら、モデルさんのお顔と絵を一緒に見て頂きたいのですが、撮影時にブログ掲載の許可を頂くのをすっかり忘れておりましたので、作品のみの掲載とさせて頂きます。

まずは下の四方。ヒマなのでサンドウィッチで早めの昼メシをきめこんでいたら、お声を掛けて頂きました。韓国からのお客様だそうです。

引っ込み思案なポックンは、
ルール説明(in English!)をハチュー達に丸投げして現実逃避。

自閉症ぎみのセンシティブな芸術家

になりきって、似顔絵を描き始めました。

(クリックすると大きい画像が出ます。)

似顔絵7/22-1最初に描いたのは左上(no.1)の人はゴスペルシンガーだそう。男前です。僕の絵と言えば、あまりに久しぶりで、手元がおぼついてないのが分かります。もちろん負けました(哀)。

そしてno.2。特徴のある顔で描き易かったですが、まだまだハジケが足りません。三番目の方は個人的にとても描き甲斐のあるお顔。出来も今回一番と言って良い位でしたが、負けてしまいました。残念。
四人組のラスト、右下の方は描き難いタイプ。踏ん張りましたが、結果は負け。他のバトラーが星を分け合い、僕は星付かずの四連敗と言う最悪のスタート。

キャラ作りが裏目に出ました(負惜しみ)

F-1で言うと(F-1知らないけど)予選でマシンを大破、スペア車でドンケツスタート状態です。

少し遡って四人目を描いている最中、常連バトラーRENREN氏が、イラストレーターの細君ヨッシー女史を伴って来訪。遅れて参戦しましたが、この日はイベント等が無いせいか、お昼を過ぎても公園内は人通りもまばら。韓流四天王が去ってお客さんが途切れます。

そんな時は決まってサクラの出番です(笑)。"Mrs.グッタイミン" ヨッシーに五番目のモデルをお願いしました。

しかし、ゴローのV12エンジン(F-1知らないけど)はまだ暖まっていない様子。知合いの顔を描く時は、まず頭にある既存のイメージを消して、新鮮な目で見る事が肝腎。なのに上手く集中できまへんねん。ええ、言い訳でおま。負けましたとも、ハイ・・・。

とここで、めちゃイケ警察風にイイ感じで制服を着崩した、公園警備のおっちゃんコンビ・トミーとマツ(眠くてもう訳わからんとです)のチェックが入り、金銭のやり取りのある営業行為はNGとの通告。そのまま続ける事も出来ましたが、時間に余裕があるので、公園を横切る道路沿いの歩道へ場所を移動する事にしました。

その場所は、実は第一回の似顔絵バトル2日目で経験済み。だだっ広い公園内よりも、人の流れをつかむのには効果的です。

仕切り直しのモデルは6組目。ハチュー氏のコアなファンで、ハチュー関連イベントの皆勤賞を継続中のシステムエンジニア・M原氏。女性モデルが少ない日には有り難いハタチのカワイコチャン(死語?)を同伴です。

心機一転そろそろ1勝が欲しい所でしたが、依然ゴローのマシンは最後尾。かっ、勝てない・・・。

只今6戦を消化して0勝6敗。

マジ不安になってきたんですけど。

俺、このままで大丈夫なんだろうか・・・。

似顔絵7/22-2現在、首位はスタートダッシュが成功したデザイナー・マキタで星3つ。他バトラーも星を並べ、ゴロー独りを周回遅れにして盛り上がっております(泣)。

スポーツ(?)は勝ち負けぢゃないっ!
ひたむきな汗が何より美しいんだー!
だー、だぁー、ぁー・・・。


no.7のモデルはベッピンさんだしー、てきとーでもそれなりにカワイー絵にならぁ。」と亜土ちゃんばりに、クルックルック〜♪と軽快にクレヨンを走らせたら、マァ大変。

勝っちゃった。

どうやら、ピットインでマシンの軽量化に成功したようです。
(F-1知らないけど)

とにかく、これで単独首位マキタとの差は星2つ。
通りがけの親子連れを2組をスイスイ〜っとこなし(要は負けたって事)正に「似顔絵バトル」を目当てにやって来てくれた、最終ラップ4組に的を絞って勝負に出ます!

似顔絵7/22-3運命の10組目モデルは、いつもコメントを入れて頂いているotoshimonoさんの奥様が登場。またここからは、少女漫画家水玉ペリ氏とotoshimonoさん、ヨッシーも加えたバトラー8人による大混戦に!

そして奥様!結果はイエスッ!
イエスッ!勝った!奥様!やった!
勝利頂きました!ありがとうございます!奥様!

(眠気を隠し切れなくなって参りました orz)

今だ!波に乗れ!それ次だ!・・・・ハイ負け!(笑)
しかーし、no.12、no.13と連勝!!



ついに単独首位だーーーーっ!!!







・・・あー、そうか。そうだったのか!







ゴメン。実は俺、皇帝だったんだ。

いわゆるシューマッハーね。(F-1知らないけど)

というわけで、周回遅れからついにマキタをぶっちぎり、ゴローが単独首位浮上。

閉店ギリギリに予約の入った14組目の女の子(韓国人)が最終コーナー!ここでダークホース・ノリがマキタの追撃を押さえ、ゴローが見事逃げきりの逆転優勝。「似顔絵バトル」は幕を閉じました。

これで通産成績:21戦10勝(勝星134組)です。

「似顔絵バトル」今年中に最低あと一回は開催しますので、次回もお楽しみに!!(あれ?これ反省会になってなくない?)


* * * * * * * * * * * * * 追記 * * * * * * * * * * * * * *

今気付いたんですが「似顔絵バトル」で描いたモデルさんて、述べ360組もいたんですね・・・。
360人ではなく、360組。

ペアで描く事も5組に1組はありますし、B4の小ちゃな画面に、5人一遍に描いた事もありました。(もちろん10分で)

だから、人数にしたら少なく見積っても430人を超えます。
一度、一同にずら〜〜〜〜〜っと並べてみたいですが、最初の方はデジカメもってなくてフィルムカメラで撮っているので、スキャンが面倒・・・。

キリの良い所で 500組超えたら 考えてみます。




似顔絵物語 似顔絵物語
和田 誠 (1998/12)
白水社
この商品の詳細を見る

似顔絵と言えば、和田誠さん。
「イラストレーター」という職業の創世記を担った生きる伝説です!(大袈裟でなく)

余談ですが、ラジオか何かで小耳に挟んだ話だと、脚本家の三谷幸喜さんは、子供の頃から和田さんの大ファンで、模写してるうちにそっくりな絵が描けるようになったそう。また、後にお二人が対談した本では、装画を共同制作したとか↓。

それはまた別の話 それはまた別の話
和田 誠、三谷 幸喜 他 (2001/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

見分けがつきませんね(笑)。
確か今航空会社のCMに出てらっしゃいますが、あのイラストはどなたが描いてるんでしょうか。ナゾです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by アフィリエイト情報ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。