元祖ブログ寿司・鎌倉店
実家がお寿司屋さんなもので。グルメ情報は一切ありません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○○しなさいと言わずに済む方法
2007年05月07日 (月) 03:00 | 編集
Raising Hell
 既に「イヤイヤ」シーズンに突入した我が家の息子。何でもかんでも言い付けられると反対ことばで返してきます。

入園早々先が思いやられている訳ですが先日TATAKIDAIさんで興味深い記事を発見。どの親子もこんなに上手くいく訳は無いんですが大変納得しました。


そう言えば、自分の両親はどうだったかと思い出すと、勉強しろと言われた憶えがありません。忙しければ小学生でも店に出されお茶だしだの皿洗いだのに駆出されるくらいでしたから、正直子供の勉強など構っている暇も無かったのでしょう、知りたい事は何でも自分で調べなさいと言われておりました。

だから頑張るのも自由。そしてサボるのも自由。
今とあまり変わりませんな・・・。

「三つ子の魂百まで」

息子の将来の仕事は、案外もう決まっているのかも知れません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
イヤイヤ期ってありまね
うちの娘もちょっとありますね~。
最近、勉強以外のことも興味があるので宿題以外やりませんよ。(^^;
宿題は出来たら必ずチェック入れてますけど。最近は音読を推進しているようでどこでも音読の宿題は必ず出ているようです。
読むときに変に芝居かかっていて笑ってしまう事もありますけどなかなか面白いです。

よくやってるのは数アソビみたいなものでドミノとかやってます。
習い事も本人がやりたいと言うピアノだけだったりして、周りの家から見るととっても少ないです。

小さい時はアソビと家の手伝い中心でいいんじゃないかなと思ったりしています。

大事なのは「出来たら褒める」ですね。お手伝いしたら感謝してあげるのも大事な気がしています。
2007/05/07(月) 14:52 | URL | オムレツ #-[編集]
息子は泣きだすともう最凶・・・。
でもこの時期が終れば、次はへ理屈攻撃がまってるんですよね(笑)。

自分の実家もそうでしたが、親が一緒に居る時間が少ない家庭は子供に習い事を沢山させますよね。何してるかわからないよりは安心だし。

ただ経験上、それが日常になると親子がなんかよそよそしくなっちゃう。

植木屋さんが言ってましたが「植木の世話は子育てと一緒」だそうです。

「構い過ぎてもダメ」「ほっとき過ぎてもダメ」

なんか上手い事誤魔化された気もしなくはないですが(笑)。
2007/05/14(月) 04:05 | URL | ゴロー #6Zy7usvE[編集]
泣く子は・・・。
 泣いている子供に泣いている自分のビデオを見せるとぴたりと泣きやむと言うのを聞いた事ありますが、どうなんでしょうね。

幸いにも我が家では泣いて困った事がないので試した事がないですが。
男の子をもつママさんたちに言わせると「男っていつまでも子供なのよ」と言っています。とにかく女の子は違う成長過程だそうで男の子の後に女の子を育てると「なんて楽なのぉ~」と実感するそうです。(^^;

植木の世話によく例えられるのは構う構わないのほかにも個体差があって盆栽などは鉢ごとに性格が違っていたりするのでそういう事も言っているような気がしています。人間なんて個体差ありまくりですからね。
2007/05/14(月) 12:20 | URL | オムレツ #-[編集]
>自分のビデオを見せるとぴたりと泣きやむ
と言うのは効果あると思います。すくなくともうちの息子には。

うちでは、予め撮ってあるやつじゃなくて、ビデオカメラを構えて液晶画面を子供に向けて見せてあげるんです。テンションが下がらずにトランス状態になってしまった時でも、ハッと我に帰って大体泣き止んでくれます。

でもあまりに効果覿面なので、説教しなくちゃいけない事が多い最近では禁じ手になっています(笑)。

>我が家では泣いて困った事がない

これは驚きです。

>男っていつまでも子供なのよ

って言ってる人妻を想像すると萌えます(笑)。男子にとっても女子はいつまでも不思議な生き物ですよ・・・。
2007/05/17(木) 16:13 | URL | ゴロー #6Zy7usvE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by アフィリエイト情報ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。