元祖ブログ寿司・鎌倉店
実家がお寿司屋さんなもので。グルメ情報は一切ありません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【卒展】桑沢2007へ行く
2007年02月25日 (日) 00:45 | 編集
桑沢2007 引越しするといつも健康診断に行っている病院が遠くなってしまう為、胆のうの件で以前からお世話になっている先生に新病院宛ての紹介状を書いてもらいました。朝早くから外出していたので、久しぶりにロイホでゆっくり読書し気分転換。ついでに手帳を整理していると、少し前に母校から届いたDMを見て、渋谷に居るうちに卒業制作展を見に行ってみようと思いました。

 
道すがら、卒業してから何年経つのか指折り数えてみた所、何と12年!!12年ですよ・・・。現役入学して今年卒業する人達は、僕らの頃にはまだ9歳児だった訳ですな。

ドロップアウトすれすれで卒業した身としては、同級生の活躍の眩しさや、不真面目学生だった自分への恥ずかしさで一度も母校の敷居をまたげなかったのですが、とうとう干支も一回りしてしまったのかと、何とも複雑な気分です。

そして、未だに自分の気持ちから「若手意識」が抜けていないと言うのは、僕自身が成長を実感していない証拠の様に思えて、この状態は少々ヤバいんじゃないかと感じたりもします。色々思い返してみると、絵描きとしてだけでなく全ての面で「こんなもんでいいか」と妥協してきた所が多すぎたのかも知れません。


30代の時間の大切さをやっと実感してきた今日この頃。
次の節目でどれだけの満足を得られるのか、正に今試されています。


追記;後輩達の作品は校風通り相変わらず堅実で質が高く、何人かの人達と少しお話させてもらいました。僕も自分の仕事を脅かされない様に頑張ります。(マジで)



感動をつくれますか? 感動をつくれますか?
久石 譲 (2006/08)
角川書店
この商品の詳細を見る
音楽だけでなく、商業芸術家としての一つの頂点に居る事の理由は何も特別な事ではない事が分ります。違うのは、意識の程度が高く保たれ、妥協をしない丁寧な姿勢だけだと言う事です。20代には前衛音楽(ミニマル・ミュージック)をされていたと言うのは意外でしたが、仕事のストイックさを垣間見ればさもありなんと感じます。

創作の課程では、徹底的に理詰めで進行して行く点、そして何かを決断する時に「腑に落ちる」感覚を大事にされていると言う点に非常に共感を覚えました。その正否は、理論にしろ感覚にしろ常に磨かれている事が前提ですが、それもやはり妥協の少ない質の高い経験の積み重ねでしか得られないものです。

「いまさら気付いても遅い」と思うけど「今なら間に合う」とも思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by アフィリエイト情報ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。