元祖ブログ寿司・鎌倉店
実家がお寿司屋さんなもので。グルメ情報は一切ありません。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄色い怪物の実力
2007年08月28日 (火) 03:07 | 編集
黄色い怪物 しばらく忙しさにかまけてサボっていましたが、最近またアトリエを留守にしがちな自分を猛省し、目標を再確認中です。

考えるだけならタダとばかり、身の程知らずにも海外の展開なぞ視野に入れ、日々見聞させて頂いているお気に入りのブログが沢山あるのですが、今日もひとつ気になる記事が…。

ばばぁの繰言だけど、「ポケモンは自然に売れたんじゃない」という話

かく言う僕も、テレビ等で伝え聞く話に誇張や嘘臭さを薄々感じてはいるものの、ポケモンをはじめ「日本文化」を過大評価している(あるいはしたい)クチです。

そして、そんな文化の端っこに身を置く者として、自分にも「外」で評価されるだけのものが備わっているはず、なんて根拠のない自信にすがっている所があります。

加えて、そんな甘えを抱えたまま、目下「何を描くのか」と言った事ばかりに気を取られ「どうやって伝えるのか」という点についても生来のシャイボーイな性格が災いし未だ業界の底辺というポジションに甘んじております。

だがしかし。

今から「白馬の騎士を待つ乙女」は卒業します。
謙虚さは日本人の誇る美徳ですが、それを慎重さと勘違いすると、自分の弱い面が見えなくなってしまう様ですので。
スポンサーサイト
ムシ☆ヒーローズ参上!
2007年08月24日 (金) 01:45 | 編集
kabuto2 インディーカーレースやMotoGPでお馴染みのツインリンクもてぎでは只今、夏休みイベント「ガキ大将の夏」が開催されています。

その中の、フマキラーさん提供のブースで、僕がデザインを担当した「ムシ☆ヒーローズ」と言う昆虫キャラクター達が展示されています。

皆なかなか個性的で苦心したものの、童心に帰って楽しんで描きました。モデルにしたのはカブトムシや、ホタル、ハチなど8種類で、敵味方に別れてそれぞれの生態などを解説してくれます。もちろん、本物の珍しい昆虫もバッチリ展示されていますよ。

担当の方のお話を伺うと、ロケーションから、モータースポーツに興味のある親御さんに連れられて見に来くお子さん達が多い様ですね。今年の会期は残りわずかですが、願わくば、来年以降もイベントの顔になる様な、息の長いキャラクターに育ってくれると良いなと思っています。

残暑お見舞い申し上げます
2007年08月22日 (水) 00:48 | 編集
海水浴07 近年の傾向に漏れず、今年も猛暑の日がつづきましたね。そろそろ秋の涼しさが恋しくなってきました。

お陰さまで、6月後半から仕事に絶え間がなく忙しい日々を過ごして参りましたが、そんな中でも何とか目当ての展覧会を見たり、お祭りや縁日に行ったり、春からの念願だった新車(笑)を購入し、気を良くして気まぐれに水族館や海水浴へ出かけたり、ちょっとした暇を見つけてはちょこちょこと出かけ、最近忘れがちだった季節感を味わう事ができました。

仕事の量は変わっていないはずなのに、なんだかんだと言いながらもこう言う贅沢な過ごし方ができた様に思うのは、鎌倉と言う土地柄のお陰だけではない様に思います。


「子供はね、3才までには親孝行を済ませてるもんなんだよ。」


なんて話しを昔叔父からされた事がありますが、本当にその通りだと思います。

「子供と楽しむ為」「子供に見せてあげたい」って動機だけで、そろって出無精の僕ら夫婦が人並みに活動的になったり、普段馴染みのない新しい世界を覗いて知らず知らず楽しませてもらっているのです。


先日は、風呂上がりに息子が突然「パンツはかせてあげる!」なんて急に大人っぽい事を言い出し少しびっくり。

07夏休み3キラキラした瞳で嬉々として親父のパンツを上げる息子。


「初めてのストレートな親孝行が何でパンツ?」なんて頬を赤らめながらも、また幸せを噛みしめてしまった父ちゃんの夏でありました。



(父ちゃんも爺婆孝行がんばれよ。→)

小骨に注意
2007年08月03日 (金) 14:21 | 編集
たずね人 ここ数カ月、順調に毎月のエントリー数を減らしてきておりますが、ブログを楽しく続ける為に何とか踏ん張って参りたい今日この頃。今年は嫌なニュースのせいでうなぎも食べる気が出ず、ちょっと夏バテ気味です。

さて、先日メタリカちゃんの件を書いている時、何か思い出しそうなんだけど思い出せない事があったんですが、最近になってようやく思い出せたと思ったらこんな事でした。久しぶりにエントリーを上げようと思ったら、全く下らない話から始まってしまいました。

同じ様な話ですが、数日前近所のお蕎麦屋さんに行った時にも、おやじさんがテレビドラマによく脇役で出演している俳優さんにそっくりだったと言う事がありました。でもやはり、名前も、どのドラマで何の役をしていたのかもはっきり思い出せないので、一緒だった嫁にこの驚きを伝えられないもどかしさを新たに味わっております。

咽の奥の小骨がひとつ取れてスッキリしたのはいいんですが、こっちの方はあと数年刺さりっぱなしになっている予感がします。


難波金融伝 ミナミの帝王 No.11(V版6)欲望の街 難波金融伝 ミナミの帝王 No.11(V版6)欲望の街
萩庭貞明 (2004/05/28)
ジーダス
この商品の詳細を見る
その俳優さんは悪役で出演される事が多い印象がありますが、役のイメージで言うと、時代劇だったら大店の主人、現代劇なら金貸の成り金社長が一番でしょうな。たまにヤクザ屋さんもあり。60歳くらいで丸顔。まつげが長くて目尻が下がっていて、目の下のクマも特徴です。誰か教えてくれないかしら。

Powered by . / Template by アフィリエイト情報ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。